愛知の保健所の医師求人

保健所医師求人TOP >> 地域別の保健所の医師求人 >> 愛知の保健所の医師求人

愛知の保健所の医師求人

団塊の世代が退職し70代に突入することを踏まえ、2012年に国は「健康日本21」を発表し、健康寿命を延ばすことを課題に政策を企画立案、実施するよう全国の保健所などに求めました。愛知県には医療の充実した名古屋市のような大都市がある一方、無医地区を21カ所も抱えており、保健所の公衆衛生医師の調整役としての役割に大きな期待がかかっています。

地方公務員の定年は65歳ですが、愛知県では保健所で働く医師の募集上限を64歳に設定しています。経験豊富な臨床医からの転身が歓迎されていますが、医師免許を取得した後、臨床研修医として2年間の経験があれば、未経験の若手医師でも応募できます。外国籍の医師でも愛知県の保健所の医師の求人に応募できますが、行政の意思決定に関与しない仕事に配属されます。

保健所で働く医師の給与は、大学を卒業後、医師免許を取得、すぐに臨床研修を受けた新卒医師の場合は、地域手当を含めて1カ月約55万円です。給与には経験や勤務年数が加味されますので、医師としての経験が5年あれば、転職したてで1カ月約64万円、医師としての経験15年で1カ月約78万円の給与を見込めます。この他に期末手当や勤勉手当、通勤手当、扶養手当が加算されます。

勤務時間は、朝8時45分から1時間の昼休憩をはさんで夕方5時30分まで、土日と祝日は休みです。年末年始の休暇のほかに夏休みも取得でき、年次有給休暇は20日分使えますから、一般企業に勤めている配偶者や子どもの休みに合わせて休暇を取ることも可能です。

保健所で働く医師は、感染症予防対策や健康相談のほか、母子保健も扱いますし、ホテルや飲食店の食中毒を予防する指導などの仕事もします。病院、クリニック、助産所などの開設許認可や院内感染の予防、医療スタッフの数や病床数などが適性か監督指導する仕事も含みます。また、愛知県が推進する「健康日本21あいち新計画」をけん引し、関係するさまざまな団体との調整をする役割も求められています。

愛知県の保健所は、一宮市、瀬戸市、知多市など12の市にあり、美浜町や設楽町などの分室も合わせると全部で21カ所です。保健所の医師として採用された後、県内のほかの保健所に転勤になったり、本庁勤務になったり、福祉相談センターや精神保健福祉センターに配置転換になることもあります。

愛知県の保健所の医師の求人には、1年を通していつでも応募できます。履歴書に行政で働く公衆衛生医師を目指す理由について1200文字程度にまとめた小論文を添付して応募します。(2016年現在)

保健所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 医師<※保健所>求人探しガイド All Rights Reserved.