大阪の保健所の医師求人

保健所医師求人TOP >> 地域別の保健所の医師求人 >> 大阪の保健所の医師求人

大阪の保健所の医師求人

大阪府では、子どもからお年寄りに至るまで誰もが医療を安心して受けられ、健康で長生きできる社会の構築を目指して政策を企画立案し、実施しています。こうした目標を達成するためには医療と健康に関する豊富な知識と経験を持つ医師の力がどうしても必要です。大阪府の保健所では、保健所でリーダーシップを発揮し、保健所のさまざまなスタッフと協力しながら大阪府民の健康と生命を守る公衆衛生医師の求人をしています。

大阪府には、大阪大学や関西医科大学の附属病院のほか、名医と言われるドクターが勤務する医療機関が多数存在します。大阪府の保健所で働く公衆衛生医師は、府民の悩みや要望を直接聞き、地元の医療機関と話し合って問題の解決を目指すことが求められています。2014年の法改正で大阪府の千早赤阪村(ちはやあかさかむら)が過疎地域の指定を受けました。医療機関同士のネットワークを構築し、千早赤阪村のような人口の少ない地区や山間部の住民が利用できる救急医療体制の確保としてドクターヘリの運航などの施策を企画し、実施していくことも保健所の医師に求められている課題です。

疫学調査や保健指導によって、感染症発生の予防に努め、感染症拡大を防止し、パンデミック(感染爆発)を阻止する役目もあります。ガンや生活習慣病に関する疫学調査を行い、医療機関との共同研究を通して、行政として大阪府民の健康を守るための政策を企画立案し、実施していくアグレッシブな業務もあります。医療機関や旅館、飲食店の衛生状態や安全管理を監視し、事故が起こらないように指導する役割も担います。

大阪府では、保健所で働く医師のためのキャリアアップ支援も充実しています。府立病院等へ研修に赴き、診療を通して新しい知識や技能を取り入れることができますので、実際に患者と接する機会を失いたくない医師には魅力的です。国立保健医療科学院や国立感染症研究所への派遣研修もあり、高度に専門的な知識の習得も可能です。大阪大学大学院の医療系の研究室で公衆衛生について修士課程を履修する機会もありますので、研究熱心な医師にもおススメの求人です。

保健所で働く公衆衛生医師は、責任とやりがいの多い仕事ですが、地方公務員ですから、1日の勤務時間が8時間程度で当直がなく、土日や祝日、年末年始が休みで、臨床医に比べると有給休暇や育児休暇の取得が容易です。大阪府で働く公衆衛生医師の4割が女性であり、女性医師にとっても、家庭を大事にする男性医師にとっても働きやすい職場です。

保健所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 医師<※保健所>求人探しガイド All Rights Reserved.