保健所の医師の採用基準は?

保健所医師求人TOP >> FAQ >> 保健所の医師の採用基準は?

保健所の医師の採用基準は?

医師の活躍の場も病院などの医療機関で臨床医師として働いたり、大学病院で研究を行う研究医師として働いたり、企業で社員の健康管理などを行う産業医師として働くなどさまざまです。そして医師のもう一つの働き方が全国の都道府県や市町村にある、保健所などの行政機関で働く公衆衛生医師です。公衆衛生医師の身分は地方公務員なので保健所の医師の採用基準も当然のことですが、地方公務員法が適用されもし万が一ですが犯罪を犯し執行猶予中であったり、前に地方公務員として働いていて何かの処分を受けていて、規定の年数が経過していない場合には応募できません。

この他にも反政府的な団体を結成したり活動をしたり、暴力団など反社会的な団体に加入していた場合にも応募できません。医師の募集ですから医師の資格はもちろん必要ですが、保健所にもよりますが診療科などは特に問われません。ただ保健所によっては病院などの医療機関で臨床医師としての実務経験が採用基準になったり、臨床経験は問われなくても公衆衛生医師の実務経験が採用基準になる場合もあります。このように保健所によっても医師の採用基準が異なるので、応募する保健所の募集要項の確認を事前に行うことは大事です。

また応募年齢も病院などの医療機関と同様に特に制限はなく、40代や50代の医師の方々でも経験やスキルがあるので採用は若い医師よりも有利に働く場合もあります。ただどこの保健所でも公衆衛生に関心がある医師の方を求めていることは間違いないので、公衆衛生医師の実務経験がなくても公衆衛生に関しては調べておく必要があるでしょう。民間の病院のように当直や残業などもなく土曜日と日曜日が休みの保健所の医師求人は人気も高いので、求人情報の収集と募集要項などで採用基準を事前に調べておく行う方が良いでしょう。

保健所の医師の求人情報は都道府県や市町村のホームページなどで探すことができますが、採用基準などを詳しく知りたい方はこのサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。このサイトに掲載されている転職エージェントの担当者が、保健所の採用基準だけでなく公衆衛生医師の仕事がどうものなのかなども親身になって教えてくれます。また多忙な医師の方々に代わって、いろいろと面倒な転職活動も全て無料でサポートしてくれるのでとても助かります。

[リンク]50代以上で登録販売者が転職する方法

保健所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 医師<※保健所>求人探しガイド All Rights Reserved.