保健所の医師の給料相場は?

保健所医師求人TOP >> FAQ >> 保健所の医師の給料相場は?

保健所の医師の給料相場は?

医者の給料相場も開業医と、勤務医では随分と違ってきます。開業医であれば年収が2000万円程度の場合もあれば、稼いでいる医師であれば年収が3000万円を超えている医師もいます。ただ親の病院を引き継ぐのでなければ今は自分で開業するのは大変な時代で、都心であれば小さな診療所を開くにも何億も掛かります。地方の開業医であれば外来だけではやっていけなく、高齢者も多い地域では夜に急患があれば往診することも珍しくありません。

勤務医も地域や勤務先や、自分の診療科によっても給料相場は変わってきます。都心など都市部で働くことを希望する医師が多く、少しでもいい条件であれば応募者も多く、それだけ競争も厳しくなります。小児科や産婦人科などは地域によっては、なかなか医師が確保できずに給料相場も高めです。年中無休で24時間患者さんの受け入れをしている救急病院も、診療科に関係なく給料相場が高いのが一般的です。

ただ医師の給料は当直や残業代も加算された年棒制の場合も多く、一般から高給取りの代名詞のように思われている医師の勤務情況は過酷です。厚生労働省の調査では勤務医の平均年収は1228万円でしたが、国立病院や大学病院と市中の一般病院とでは給料相場も違いますし、診療科によってもオペがある外科系の医師の給料は高いのが普通です。それに対して同じ内科でも、診療科によっては医師の給料も異なってきます。眼科などの診療科は他の診療科と比べても、医師の給料相場は安いのが普通です。

地域住民の方々の健康や衛生を守る公的な医療機関の一つである、保健所で働く医師は公衆衛生医師と呼ばれる地方公務員です。公衆衛生医師の給料相場ですが勤務先の、地方公務員の規定に基づいて給料が算出されます。保健所勤務の医師は 一般行政職の1級技師からスタートし、その後は2級技師へと段階的に級別が上がり給料も上がっていきます。技師級の医師の給料相場は年収で約800万〜900万円前後で、卒業後7年目くらいで主査級になれば年収も1000万円前後になります。保健所長は地方公務員の級別では次長級で、年収も1200万〜1300万円前後になります。

保健所で働く公衆衛生医師は土曜日と日曜日が休みで、一般病院のように当直や残業などもありません。もし保健所の医師の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されているリクルートドクターズキャリアや、医師転職ドットコムなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

保健所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 医師<※保健所>求人探しガイド All Rights Reserved.