保健所の医師の研修は?

保健所医師求人TOP >> FAQ >> 保健所の医師の研修は?

保健所の医師の研修は?

保健所で働く医師のために所属する自治体が独自の研修を準備しています。また、業務に関係する国立感染症研究所などの専門機関へ派遣され、そこでの研修を受けることもできます。臨床研修が終わったばかりの新卒医師であっても、きちんと研修をこなして試験をクリアしていけば、キャリアアップして行けるのが保健所で働く魅力の1つです。

公衆衛生医師のキャリアパスとは、医師免許を取得した後、臨床研修医として2年勤務した後、すぐに地方自治体の保健所で公衆衛生医師として勤務する場合は技師級からスタートします。自治体独自の研修が準備されており、その自治体の所轄区域にある公立大学で修士課程を受けさせてくれる自治体もあります。他の保健所や県庁などへの転勤があり、さまざまな実務経験を重ねつつ、研修や試験をクリアし、係長級、課長補佐級と昇進していって、早い人であれば40代で課長に就任します。課長の年収は1300万円前後です。

臨床医から公衆衛生医師に転身する場合は、経験に応じて係長級・課長補佐級として採用され、一定の実務経験と研修を受けた後、課長級に昇進します。医師の能力や資質に応じて、次長級や部長級に昇進し、自治体の幹部になる道も開かれており、40〜50代の臨床医からの転職も歓迎されています。自治体の規模によっては、30歳前後の公衆衛生医師に保健所所長を任せるケースもあり、保健所所長は課長級以上の昇進です。

公衆衛生医師の研修制度の具体例として宮崎県のケースを紹介しましょう。採用後のキャリアに応じて必要な知識や技能を学ぶ現任研修、配属先の保健所で必要とされる知識や技能を学ぶ業務研修がありますので、臨床研修が終わったばかりの新卒医師であっても安心して働き始められます。宮崎大学の医学部に研究生として派遣され、学位の取得をサポートしてもらえます。日本医師会認定産業医の認定研修も受けられます。希望すれば国立保健医療科学院・国立感染研究所・結核研究所・国立精神神経センターにて専門知識の習得も可能です。

臨床医の場合は、キャリアパスと研修の関連があいまいで、医師としての知識や技能よりも人柄や人脈で昇進ポストが決まってしまい、若干の不公平感は否めません。しかし、保健所で働く公衆衛生医師はキャリアアップのための研修や試験内容が明確に規定されており、キャリアパスと研修との関連が明らかですので、正義感にあふれた、まじめで勤勉な医師にはぜひ選択していただきたい職種です。

保健所の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 医師<※保健所>求人探しガイド All Rights Reserved.